読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

担当…

担降りしていた話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの間にか何とも思わなくなっていた。

人間として、アイドルとして大好きだった。

元々嵐ファンだったわたしは、お昼の番組で見て以来ずっと気になっていてファンクラブに入るかも迷っていたっけな。

ももう我慢出来なくなって仲の良い友達と同時に入ったのを覚えている。

興奮したなぁ。ドキドキした。嬉しかった。

 

毎月ファンレター書いたなぁ。

読まれていないだろう、と思いつつも毎月書いてある時期からはちゃんと届いているか不安になって、ファミクラにわざわざ届けに行ってたよ。返信用の葉書と封筒も入れて。

 

あなたのお陰で洋楽がもっと好きになりました。

元々聞いてはいたけど、こんなに大好きになるアーティストに出会えたのはあなたが紹介してくれたからだよ。

 

 

初めてのコンサートは横アリの通称、車魂。

双眼鏡を忘れて米粒だったけど、存在をひしひしと感じました。

初めてデコレーションした団扇を持ったり、友達と双子コーデをしてみました。

何もかもが初めてだった。

 

あなたの歌声やコメントにも毎回掻き立てられて元気や希望をもらっていました。

愛されキャラってこうなのかなと思ったり。

 

わたしの一番好きな人になっていた。

何を聞かれても有岡大貴状態。

 

 

 

だけど、ある日突然その熱が消えました。

理由は自分でもわかりません。

ラジオも聞かなくなり、雑誌も買わなくなりました。

毎週録画をしたりゲストで出ている番組もディスクにはしていますが、一度も見ていません。

Twitterでも妄想をしなくなりました。

それに慣れてしまってからは、別に良いやと思う様になりいつの間にかどんどん魅力を感じなくなってしまったのです。

 

10周年なのに未だ何の大きな発表もない干され具合に嫌気が差したのも一理あります。

 

ただ、別に嫌いになった訳ではないのでJUMP自体もまだ応援しています。

テレビも見たりもしかしたら雑誌も買うし、当たり前の様にDVDやCDも買ってコンサートにも行くでしょう。

それはもはや購入と言うクセのよう。

だけどそれで満たされる心を持っているんです。行けば、聞けば、見れば満たされるんです。

購入が義務化されているようになっていたから、見極めていきたいな。

 

わたしはダンスが好きで、JUMPのダンスを見るのが好きです。

9人いるからこその団体的な、躍動的な空間になるのだなと思っています。

 

純粋に応援はしています。

ただ最近よくわからない。

 

前の記事にも書いたように、ガッカリもしています。

沢山の時間とお金を費やした。

全て無駄だったどうでも良かった時間とは思いません。

JUMPを通して出来た友人も沢山います。

JUMP自体は応援しているのでTwitterは消さないと思います。

その都度◯◯カッコいい!◯◯可愛すぎる!なんていつものように呟くでしょう。

でもそこに担当はありません。

一つのアイドルグループ、一つの現実を忘れさせてくれる夢を与えてくれるグループだと思って見ています。

一時期、一番愛していた人(冗談抜きに)サヨナラ。 

 

自分でもわからない感情と戦って来ましたが、それは新鮮さが無くなったからかなと思っています。

こんなとりとめもない記事ですみません。

文が支離滅裂ですみません。

 

 

今読み返したら前の記事と同じようなこと言ってて頭を抱えた。

そうだね。うん。

 

これからもよろしくお願いします。

 

結婚したいし恋人も欲しいからこのまま卒業して本格的に頑張るか、自分磨きにお金掛けるか、なんて思ってるよ。まぁ急には無理だけどね。

今ちなみに気になっているのは中間淳太くんです(懲りない)

 

寂しいよ。苦しいよ。好きだよ。またね。 

 

 

JUMP担